旧作7泊8日メモ

映画の忘備録

サスペンス

交渉人 The Negotiator

謎解き痛快交渉劇 ★★★★★★☆☆☆☆(6) 個人的満足度(7) 交渉人としての活躍を描くというより 交渉人が事件に巻き込まれることで ノウハウを駆使して立ち向かっていく物語。 ネットの視聴者のレビューの評価が高かったので見てみた。 絶体絶命感の演出が上手く…

ミスティック・リバー

重く深く流れる川のように ★★★★★★★★★☆(9)個人的満足度(10) 心にトラウマを追った少年と それに負い目を感じる2人の友人の 四半世紀後の殺人事件を巡って再開する物語。 クリント・イーストウッドが描いているものは 流れる時間と変わらぬ心。 何が悪い…

ユージュアル・サスペクツ

キャスティングが最高 ★★★★★★☆☆☆(7)個人的満足度(8) キャスティングが良い。悲哀感のあるガブリエル・バーンTHEチンピラなベニチオ・デルトロペテン調なケヴィン・スペイシー そして悪党が並んだ容疑者用の写真を使った宣伝美術が良い 以下ネタバレ注意 …

シャッターアイランド

語りどころが多い映画 ★★★★★★★☆☆☆(7)個人的満足度(10) 以下ネタバレ注意 冒頭、船上のシーン。背景の海と人物が合成なのか人物を際立たせるライティングなのか不自然でヒッチコックの映画のよう。 島に上陸すると不安を掻き立てる大げさなオーケストラの…

ノーカントリー

「あれれ?」な幕切れ。 ★★★★★★★★★★★(10)個人的満足度(10) 名画には違いなく緊張感溢れる映画なのですがラストは「あれれ?」という幕切れ。劇場公開時にも同じ気持ちになったことを見返して鮮明に思い出した。2つの見方が出来る。娯楽性高い殺人鬼から…

ファーゴ

コーエン兄弟の最高傑作 ★★★★★★★★★★(10) 実話の映画化といいながらのフィクションは多い。でもこれは冒頭に 「この物語は実話である。生存者の希望により名前は変えてあるが出来るだけ忠実に事件を再現している」 と潔いテロップから始まる。 以下ネタバレ…

インセプション

ルール説明多し ★★★★★★★☆☆☆(7) 夢に潜ってアイデアを盗む という設定なのだが 複雑な構成故 ルール説明みたいなセリフが 多くなってしまっているのが残念。 クリストファー・ノーランらしいっちゃらしい 無重力空間の廊下での乱闘シーンは どう撮ったのか…

高い城の男(シーズン1)

延々謎かけ見せられてるような ★★★★★★☆☆☆☆(6) アメドラは起承転結の 「承」の部分を何話も延々見せられて 人気ある限り続くのが苦手。 見ちゃうんだけどね。 これは言わずもがなディックの代表作の映像化。 ディックの映像化作品は全部見てる身としては ド…

メメント

エッジ効きまくり ★★★★★★★★★☆ (9) 2001年の単館公開時にとても話題で 観てみたもののイマイチピンとこなくて その後DVDが出て観たときは 公開時より衝撃だった。 またつい観てしまった。 妻を殺されたショックで10分しか 記憶が持たない主人公が 苦心しな…

フライトゲーム

謎解きが綿密 ★★★★★★★☆☆☆ (7) 筋書きが読めない。 細かく起こるエピソードの 一つ一つにも裏をかく展開が上手く そのエピソードがきちんと繋がっている。 アメドラのような コマ切なエピソードの寄せ集めではなく 繋がっているのはすごい。 そして飽きる事…

冷たい熱帯魚

映画は監督の私物 ★★★★★★☆☆☆☆ (6) 物語を見せる力がある。 テンポも良く最後まで見ることができる。 和太鼓の音楽の使い方や時間を併記して見せる演出もおもしろい。 奇をてらった映像ではないのに どこかにPOPさがあってキレがある。 行き当たりばったり…

凶悪

ひたすら重く ★★★★★★★★★★ (10) 実話を元に作られている。 ピエール瀧とリリーフランキー演じる凶悪犯と それを追う週刊誌記者の山田孝之。 山田の病的に事件にのめり込む様子と 彼の家庭を通すことで 凶悪事件を傍観者としてでなく観るもの全てに 問いかけ…

アルゴ

タバコ吸いすぎ ★★★★★★☆☆☆☆ (6) 1979年のテヘランで起きた アメリカ大使館人質事件救出作戦 クライマックスの飛行場のシーンは緊張感がある。ハンディカメラを使ったブレながら撮る演出も緊張感を煽る良い演出。 全体フィルムっぽい質感、ダイアーストレイ…

殺人の追憶

緻密な物語に相反する曖昧で深い終末 ★★★★★★★★★☆ (9) ※ネタバレ注意! 実際に起きた未解決連続殺人事件をテーマにしたサスペンス。 韓国で560万人を越える動員数を記録。 目撃者の少女の言葉で迷宮入りで終わらせる手法が斬新すぎた。それが映画に深さと余…

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

シリーズものなのにどんどん面白くなる不思議 ★★★★★★★☆☆☆ (7) もちろんシリーズ1が最高なのだが。 シリーズ2で方向性が定まってないゆえに ガクッと落ちて(良くも悪くもジョン・ウー節) シリーズ3で持ち直すが J・J・エイブラムスによる 十把一からげな…