旧作7泊8日メモ

映画の忘備録

アクション

ワイルドガン

古典的現代西部劇 総 合★★★★★☆☆☆☆☆(6) 満足度★★★★★★★★★☆(9) ワイルドガン FORSAKEN 南北戦争が終わった頃のワイオミングの小さな町が舞台。 街の権力者が幅をきかせる無法地帯。 地上げに抵抗する市民は殺してでも土地を奪っていく。 そんな街に元ガンマ…

パシフィックリム アップライジング

典型的な失敗続編 総 合★★★☆☆☆☆☆☆☆(3) 満足度★★★★★☆☆☆☆☆(5) Pacific Rim: Uprising やっちまったなぁ〜 といった作品。 パシフィックリムといえば 子供達が夢見た最高の設定 オタク愛 絶妙なキャスト こだわりの特撮 そんな前作の貯蓄を一作で使い果たし…

ブラッド・ダイヤモンド

硬派な娯楽作 総 合★★★★★★★☆☆☆(7) 満足度★★★★★★★★☆☆(8) ブラッド・ダイヤモンド BLOOD DIAMOND ラストサムライのエドワード・ズウィック監督、 主演はレオナルド・ディカプリオ。 1991年から2002年まで続いた西アフリカの シエラレオネ内戦を舞台に ブラ…

3時10分、決断のとき

超カッコイイ西部劇 総 合★★★★★★★★★☆(9) 満足度★★★★★★★★★★(10) ライムスター宇多丸さんがプッシュしてたから見てみた。 とても面白かった。 うだつの上がらない男が凶悪犯を 3時10分ユマ行きの電車まで 護送する物語。 凶悪犯演じるラッセル・クロウと …

トゥルー・グリット

勇気ある堅物少女の復讐冒険物語 総 合★★★★★★★★★☆(9) 満足度★★★★★★★★★★(10) コーエン兄弟監督、製作、脚本による2010年のアメリカ映画。 スピルバーグ製作総指揮。 1969年のジョン・ウェイン主演の西部劇『勇気ある追跡』をリメイク リメイクというより …

コラテラル

真面目な殺し屋と真面目なタクシー運転手 総 合★★★★★★★★☆☆(8) 満足度★★★★★★★★★☆(9) コラテラル=巻き添え タクシーの運転手が殺し屋を乗せてしまったことから 殺しに巻き込まれる物語。 トム・クルーズがロマンスグレーの悪役を演じる。 物語の主役はタ…

HEAT/ヒート

キレキレの決闘劇 ★★★★★★★★☆☆(8) 個人的満足度(8) ギャングの世界しか自分の表現手段がない男と 同じく刑事しか自分の表現手段がない男と 違いを認め合いながら戦う男2人 漂いまくる哀愁。 あまり笑わない怖いデニーロの演技は最高。 同じくピリピリ神経…

交渉人 The Negotiator

謎解き痛快交渉劇 ★★★★★★☆☆☆☆(6) 個人的満足度(7) 交渉人としての活躍を描くというより 交渉人が事件に巻き込まれることで ノウハウを駆使して立ち向かっていく物語。 ネットの視聴者のレビューの評価が高かったので見てみた。 絶体絶命感の演出が上手く…

キングスマン:ゴールデン・サークル

秒でアガる ★★★★★★☆☆☆☆(6)個人的満足度(9) 前作と同じキャスト同じ原作同じスタッフ面白く無いわけがない。 ところが 前作が凄すぎて少し拍子抜けするかも。それでもイカしたガジェットへの拘りやクールで下品なギャグの数々スタイリッシュな演出中毒性…

ジャック・リーチャー never go back

ジャック・リーチャー IS BACK ★★★★★☆☆☆☆☆(5)個人的満足度(7) アウトローの続編 トムクルーズ演じるジャック・リーチャーのキャラクターは前作より遥かに良くなってる。くたびれてて生傷があって表情は硬く寡黙。とても流れ者的になっている。 ただ皮肉…

アウトロー

ジャック・リーチャーを呼べ ★★★★★★☆☆☆☆(6)個人的満足度(9) 原作のシリーズを読んだことはないのですがトムクルーズのキャスティングにコレじゃない感は感じる。ジャック・リーチャー:米陸軍憲兵隊で犯罪捜査官の経歴で流れ者、大男で寡黙、鋭い洞察力…

フライトゲーム

謎解きが綿密 ★★★★★★★☆☆☆ (7) 筋書きが読めない。 細かく起こるエピソードの 一つ一つにも裏をかく展開が上手く そのエピソードがきちんと繋がっている。 アメドラのような コマ切なエピソードの寄せ集めではなく 繋がっているのはすごい。 そして飽きる事…

続・夕陽のガンマン

閃きはいっぱい ★★★★★★☆☆☆☆ (6) !オススメ! クエンティン・タランティーノが ことあるごとに 過去ナンバー1映画と断言するコレ。 原題が 「善玉、悪玉、卑劣漢」 という3人の物語。 セルジオレオーネの特徴でもある タラタラしたテンポで 会話も少なく3…

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

シリーズものなのにどんどん面白くなる不思議 ★★★★★★★☆☆☆ (7) もちろんシリーズ1が最高なのだが。 シリーズ2で方向性が定まってないゆえに ガクッと落ちて(良くも悪くもジョン・ウー節) シリーズ3で持ち直すが J・J・エイブラムスによる 十把一からげな…