旧作7泊8日メモ

映画の忘備録

LOOPER/ルーパー

f:id:jimmys_nooker:20180811003927j:plain

f:id:jimmys_nooker:20180811003938j:plain

f:id:jimmys_nooker:20180811003948j:plain

 

HUNTED BY YOUR FUTURE

★★★★★★★★☆☆(8)
個人的満足度(10)


 SF好きにはタマラン掘り出し物!

よく練られたタイムループもの
巨額の予算をかけてるでもない
プロットの面白さで見せる
アメドラテイストなSF映画
(実際アメドラ撮ってた監督なのね)

未来の犯罪組織が殺したい対象を捕獲して
30年前の過去に送りそこで待ち構えてる
LOOPERという殺し屋が処分する。
未来社会は証拠を残さず人間を抹殺できる)

あるとき主人公のLOOPERの30年後の自分自身が
未来からやってくる
レインメーカー」と呼ばれる
犯罪組織の王を幼少時代に暗殺するために。
そして自分の未来を変えるために。

といった物語

まぁ良く出来ています
イムループは憎悪のループにもなりえて
その憎悪のループを断ち切るためには?
という重いテーマも
プロットが秀逸ゆえに
生まれてくる。

監督・脚本の
ライアン・ジョンソンはこの作品の次作、2017年

スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の監督・脚本を担当する
大出世

(2012 アメリカ・中国)

 

 

宇宙戦争

f:id:jimmys_nooker:20180808020730j:plain

古典SFを直球表現

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
個人的満足度(5)



H・G・ウェルズの古典SFに真正面から取り組むと
これだよなぁ。(こうなっちゃうよなぁ)
というもの。
潔さすらある。

ティムバートンの
マーズアタックみたいに捻って取り組むとかしないと

なかなか難しいであろう原作ではある


スピルバーグ監督に
ジョンウィリアムズの音楽というのも王道感。
トムクルーズ演じるは一般大衆の悩めるお父さん。
物語に対して関係がない家族愛を過剰目で演じてます。
よく出演したよなぁ〜。
プロデューサーでもあるから
ノリノリなんだろうけど。

チョイ役にティム・ロビンス
チョイナレーターにモーガン・フリーマン
という名優を贅沢に使ってます。

こういうハリウッドだから成せる
壮大なパニックSFものも
良いなぁ〜

(2005 アメリカ)

宇宙戦争 (字幕版)
 

 

 

セブン

f:id:jimmys_nooker:20180807054758j:plain

 

不朽のダーク名作

★★★★★★★★★★★(10)
個人的満足度(10)

 

映画デビュー作の「エイリアン3」で大コケして
もう映画は撮らん!と言っていた映像作家の
デヴィッド・フィンチャーの監督としての名声を確立した
不朽の名作。もう20年前の作品になる。

ダンテの「7つの大罪」に沿って殺人が進む。

かつては「その結末はご都合よすぎやろ」
と思っていたけど今見ると完璧に見える。
脚本が素晴らしい。グロテスクな映像美も作品の重厚感を演出する。
そして役者が素晴らしい。

つくづくモーガンフリーマンは良い役者だと思う。
演技がさりげなく自然。
ブラピの派手な演技との相性もいい。

そしてケビン・スペイシー
変態な演技は素晴らしい。
もう新作は観られないであろう
筋金入り変態の演技は迫力が違う。


(1995 アメリカ)
 

セブン (字幕版)

セブン (字幕版)

 

 

キングスマン:ゴールデン・サークル

f:id:jimmys_nooker:20180806151355j:plain

f:id:jimmys_nooker:20180807001522j:plain

f:id:jimmys_nooker:20180806151138j:plain

f:id:jimmys_nooker:20180806151158j:plain

f:id:jimmys_nooker:20180806151124j:plain

f:id:jimmys_nooker:20180806151115j:plain

秒でアガる

★★★★★★☆☆☆☆(6)
個人的満足度(9)

 

前作と
同じキャスト
同じ原作
同じスタッフ

面白く無いわけがない。

ところが

前作が凄すぎて
少し拍子抜けするかも。

それでもイカしたガジェットへの拘りや
クールで下品なギャグの数々
スタイリッシュな演出
中毒性は健在。

ストップモーションを多用した
痛快アクションシーンも前作以上に満載

今回の悪役ジュリアン・ムーア
エルトンジョン(本物)を誘拐して
子飼いにして演奏させてるとか
スケールが大きいオバカも好き。


悪ノリコメディー色を強くしすぎたせいで
登場人物の感情がわかりづらくなって
物語に感情移入しづらくなった事が1作目との大きな違いかな。
それをこれでもかと2時間20分の長尺なので
冗長といった感じ。
 
とはいえ自分はこのノリは大好き。
またリピートは確実。

次作とスピンオフも予定されてるみたいなので
楽しみ。
映画の終わり方からすると
ハルベリーとテキーラの活躍になりそうな感じ

コリン・ファースは安定の最高。

f:id:jimmys_nooker:20180806151217j:plain

 

(2017 イギリス・アメリカ)

 

 

 

 

 

 

オデッセイ

f:id:jimmys_nooker:20180803230509j:plain

f:id:jimmys_nooker:20180803230515j:plain

USA!USA!

★★★★★★☆☆☆☆(6)
個人的満足度(4)

 

植物学者が書いた
もし自分が火星に取り残されたら
こうしてサバイブするという小説
「火星の人」が大ブレイクして
映画化された作品。

見所は宇宙でのジャガイモの栽培…。
他サバイバル生活だけでなく救出に至る手法なども
かなり科学的に検証されている…らしい。

このたびTV放送されていたのが
すごくバズッてて
SNSを眺めながらのTV鑑賞。
FIFAワールドカップ以来TVをつけた)
前に観た時よりいろんな感想を見ながらの鑑賞も新しい発見があった

良い人たちばかりが登場して
皆で取り残された主人公を助けるために尽力する。

「火星に取り残された宇宙飛行士を救うのに何億ドル費やすつもりだ?彼一人を死なせればそれだけの予算が浮く」なんて作中では誰一人口にしないところだ。フロンティアに挑戦するものを絶対に見捨てないというアメリカ人の心意気

🔼 Twitterからの拝借


そんな感じのトーンに終始している。
オールアメリカ/オールアースで救済する
ハートフルでアメリカンな映画。

あまりにもエッジがないので
自分には響くものはないんだけど
世間的にはこういうHAPPYな映画は人気があるんだろうなぁ〜

(2015 アメリカ)

 

 

 

ジャック・リーチャー never go back

 

f:id:jimmys_nooker:20180731061959j:plain 

f:id:jimmys_nooker:20180731061935j:plain

ジャック・リーチャー IS BACK

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
個人的満足度(7)

 

アウトローの続編

トムクルーズ演じるジャック・リーチャーのキャラクターは
前作より遥かに良くなってる。

くたびれてて生傷があって表情は硬く寡黙。
とても流れ者的になっている。

ただ皮肉な事に
物語は前作の方が面白い。
遥かに面白い。

同じく推理小説形式の謎解きなのだが
ジェンダーへの配慮なのか
相棒の女性少佐がずいぶん活躍するし
リーチャーの子供かもしれない少女との絆、
かつての部下の黒人大尉、
武器の不法輸出を企む将軍、
その部下の殺し屋は元シールズ…

話を盛り込みすぎ

冒頭の登場シーンはすごく良く
期待させるものがあったのだが…

 

キャラが確立されて
更に魅力あるシリーズ。

続編を期待。

 

(2016 アメリカ)

 

 

 

アウトロー

f:id:jimmys_nooker:20180726235146j:plain

ジャック・リーチャーを呼べ

★★★★★★☆☆☆☆(6)
個人的満足度(9)

 

原作のシリーズを読んだことはないのですが
トムクルーズのキャスティングにコレじゃない感は感じる。

ジャック・リーチャー:
米陸軍憲兵隊で犯罪捜査官の経歴で流れ者、
大男で寡黙、鋭い洞察力を持ち、軍人としての戦闘能力に長け
正義の為なら手段を選ばぬ冷徹さをもち合わせる。。。

という原作キャラ設定ではあるが
トムクルーズは表情豊かで饒舌で色男にアレンジしてあって
これで流れ者と言われても…
むしろすげー社会適合性あるんですけども!

やはりトムはイーサン・ハントがしっくりきてしまう。

とはいえ映画の推理小説的展開はなかなか面白く
没頭させられてしまう。
続編もあるので
それも観てみたいと思わせるものあり

(2012 アメリカ)

 

アウトロー (字幕版)

アウトロー (字幕版)