旧作7泊8日メモ

映画の忘備録

この世界の片隅に

f:id:jimmys_nooker:20190412211114j:plain

f:id:jimmys_nooker:20190412211119j:plain

 

名もなき庶民の昭和史

 

総 合★★★★★★★★★(9)

満足度★★★★★★★★★(9)

 

 

庶民の歴史ドラマとしても見られるし

ほんわか女性奮闘記とも見れるし

恋愛映画としても見られる。

みる人が好きな見方が出来る。

根底には戦争の理不尽や残酷が描かれているが

決して押しつけがましいものではない。

 

国の戦争に疑問も持たず

貧乏にも腕を無くしてまでも

両親兄弟を失くしても

不満を言うこともなく

淡々と生きる。

そんな主人公すずが玉音放送を聞いて

「最後の1人まで戦うんじゃなかったのか?

ここに5人残っている!まだ左手も両足もある!」

という

壮絶なセリフをはく。

 

現代とは違う価値観なのに

全編に漂うリアルさと迫力。

 

こうの史代の原作と合わせ

取材や時代考証

しっかりしてるからこそのリアリティ

 

 

 

その後街に太極旗が掲げられるのを見て

泣き崩れて独白するシーン

 

「自分は海の向こうから来た

米や大豆で出来ているから

暴力に屈しないといけないのか」

 というのが

 「ハテ?」

 と、違和感を感じた。

まぁ流れで観られてしまうから

いいのだけど・・・

 

なんで???

 

ググったらすぐわかった

そこ原作から脚色しちゃってるのです。

原作は

「他国を暴力で従えていたから

この国は暴力に屈するのか」

 

 それなら解せるし

その方が圧倒的に収まるのに

ハードすぎるってことですかね?

そこ脚色しちゃったらわけわからんと

思いました。ちょっとした残念。

そのクライマックスのズッコケがなければ。。。

 

 

 

1番の成功は「のん」のキャスティング。

彼女の柔らかい空気感が全体をフワッとさせて

尚且つ現代的でもあり

この作品を成功に導いている。天才。

 

アニメをしっかり描くところと崩した絵で描く箇所を入れたり

演出も面白い。特に爆弾で腕を失うシーンの無音と暗転と

落書きのような崩した演出も。

 

素晴らしい映画。

最後のテロップで

これがクラウドファウンディングで作られてることに驚いた。

やはりこれだけ良質な作品は

通常の映画制作の道筋では作れないのかしら?

 

 (2016 日本)

この世界の片隅に

この世界の片隅に

 

 

 

 

 

 

エスケープ・フロム・L.A.

f:id:jimmys_nooker:20190408200313j:plain

f:id:jimmys_nooker:20190408200311j:plain

スネークウェェェーイ!

 

総 合★★★★★★☆☆☆☆(6)

満足度★★★★★★★☆☆☆(7)

 

 

近未来Fの名作『ニューヨーク1997』の続編。

1981年制作の『ニューヨーク1997』の続編を

1996年に撮ったというので

もう続編というよりオマージュといった作品。

 

これが当時不評で

N.Y.1997ファンは大いにズッコケタ。

その後カート・ラッセル演じる

スネーク・プリスキンを語る上でも

あまり引用されない作品になった。

 

が、が、

 

今見返すとそんなに悪くない。

期待しすぎた故にコケルけど

時が経つと再評価される傾向にあるヤツ。

 

思えばストーン・ローゼズ

大ブレークした1STアルバムから

5年もの月日を空けてリリースしたセカンドアルバムは

失望と酷評の嵐だった。

でも時を経てみると今や名盤扱い。

 

 

これはそこまでではないにしろ

B級然としててなかなか面白いです。

 

スネークを楽しむパーティームービーといいますか。

オバカを全力シリアスで作りきるN.Y.1997パターンではなく

オマージュを楽しむ感じ。 

悪くないです。

 

エスケープ・フロム・L.A. [DVD]

エスケープ・フロム・L.A. [DVD]

 

 

 

 

日本で一番悪い奴ら

f:id:jimmys_nooker:20190404135450j:plain

f:id:jimmys_nooker:20190404135456p:plain

 

史上最悪の警察不正だが時代が追い抜いちゃった

総 合★★★★★★★★☆☆(8)

満足度★★★★★★★★★☆(9)

 

 

北海道警裏金事件、稲葉事件を元にした物語。

監督は「凶悪」の白石和彌
日活ロマンポルノのような
タバコと汗が混ざったようなドロッとした
演出はさすが。

まず綾野剛の熱演がすごい。
イキがってるが気が弱い主人公の
30年を見事に演じていて
まさに体当たりの演技という感じ

舞台が1990年代から2000年初頭、
そして2016年制作の映画。
現在2019年・・・

現実社会は
政治家による口利きや裏金、
忖度による利益誘導
書類改竄、
統計不正、
警察への介入で逮捕もみ消し。

状況証拠は真っ黒でも
誰一人として責任を取らない
やりたい放題。
完全に政治の底が抜けている。
悲しいかな映画の道警の不正など
かわいいものに感じてしまい
タイトルに偽りあり
とまで思えてしまう。

 

とはいえ

一本筋が通った良い映画。

 

日本映画ってドラマのスピンオフや漫画の実写など

商業的なものも多い中、

これだけ魅せられて筋も通った良作があることは

素晴らしい。 

 

(2016 日本)

 

 

日本で一番悪い奴ら

日本で一番悪い奴ら

 

 

LOOP/ループ-時に囚われた男-

f:id:jimmys_nooker:20190328133916j:plain

f:id:jimmys_nooker:20190328133922j:plain

 

低予算だけど秀逸

総 合★★★★★★★★☆☆(8)

満足度★★★★★★★★★☆(9)

 

ネタバレ注意

 

原題HUROK

ハンガリー発のSFスリラー

なんか斬新なものを見た感じ。

現代劇だけどSF。

主人公はタイムループを繰り返してて

そこから抜けるべくがんばるのだが

そのループの中に過去の自分が存在してしまってるというのが

イムループ物語としては破綻してるのだけど

その破綻が面白いように思う。

最後はその2人の主人公が戦うとかね。

 

なぜタイムループに巻き込まれてるのか

説明がないのも面白い。

主人公はバイオ麻薬の売人であり薬の持ち逃げを狙う野心家。

もしかしてこの一連のループは

単純にラリった幻覚かもしれないという憶測にも及べる。

フィリップ・K・ディックが得意とする手法、

現実と幻覚の境い目ない混在パターンに図らずもなってたり。

 

インディーズのフィルムフェスタで

大ネタのアイデア

最後まで突っ走る新人作家の出世作的な作品。

 

2016 ハンガリー

 

 

 

 

 

 

 

清須会議

f:id:jimmys_nooker:20190325220149j:plain

心理戦劇

総 合★★★★★★★☆☆☆(7)

満足度★★★★★★★★☆☆(8)

 

 清須会議という難しい人間関係の抗争劇も

三谷幸喜が手がけると

こんな面白いものに化けるのね。

 

狡猾で人懐っこい豊臣秀吉役の大泉洋

男気あって朴訥で脇が甘い柴田勝家役の役所広司

W主演。どちらの演技も最高。

出演者全員のキャラ立てが凄く全員が魅力的。

 

 

2013年 日本

 

 

ワイルドガン

f:id:jimmys_nooker:20190314032810j:plain

古典的現代西部劇

総 合★★★★★☆☆☆☆☆(6)

満足度★★★★★★★★★☆(9)

 

ワイルドガン FORSAKEN

 

 

南北戦争が終わった頃のワイオミングの小さな町が舞台。

街の権力者が幅をきかせる無法地帯。

地上げに抵抗する市民は殺してでも土地を奪っていく。

そんな街に元ガンマンの男が帰ってくる。

という超わかりやすい物語。

 

単純ではあるのだけど

自分はこういう古典的な西部劇が好きで

楽しく見られた。

 

一度銃を捨てたガンマンが

再び銃を握るということは

相当な目にあうのが定石ではあるが

意外にケロッと再び銃を握る。

 

最後は敵に雇われた最強ガンマン(本当はいい奴)

と望まざる決闘・・・も

意外にケロッと回避する

 

あまり不幸を好まない製作者が

マイルドに作った感はある。

 

なんか懐かしくなるような街並みと

西部開拓史の情景。

実際に警察の目など届かない田舎町では

理不尽な力による横暴なども多かったであろう。

だからこそアメリカ地方部は

自衛が基本であり

西部劇を見ると現代の銃社会

根っこの深さを見る感じでもある

 

2015年 アメリ

 

 

ワイルドガン(字幕版)

ワイルドガン(字幕版)

 

 

ラヂオの時間

f:id:jimmys_nooker:20190312031748j:plain

 

ラジオ愛溢れる密室劇

総 合★★★★★★★☆☆☆(7)

満足度★★★★★★★★★★(10)

 

 

三谷幸喜の舞台の映画化。

良く練られた物語で一度物語に入ると

ジェットコースター状態で

楽しく見られる

 

 1997 日本

 

ラヂオの時間

ラヂオの時間